ロゴラボ

ロゴを作成したい!そんなときに読んでほしい!

photoshopでのロゴの作成について

貴方は、photoshopというサービスを知っていますか。photoshopは、ロゴを作成することができるサービスと簡単に言ってしまうことができます。インターネットでは、初心者でも分かりやすく、photoshopを利用する方法を紹介しているページがあります。

このようなページでは、例えば、文字の加工をする方法などを学ぶことができるでしょう。気になる場合は、是非チェックしてみましょう。

photoshopでロゴを作成するには1

photoshopでロゴの作成をする方法では、例えば、文字の加工をするという分野があります。

PhotoShopは、色々な機能が利用でき、テキスト入力もできれば、ロゴ作成も可能なサービスです。

インターネットでは、記事を見ながら使ってみることを推奨されているページがあります。そして、オンラインPhotoshop講座のカリキュラムを基にして説明しているインターネット上のページがあったりすることがあります。

まず、3つのポイントに分けて、文字の加工方法をご紹介しましょう。1つ目のポイントは、文字の入力と調整です。最初は、簡単な文字から入力すると分かりやすいと言われています。Photoshopで文字を入力し、ツールバーのテキストツールのアイコンを右クリックして下さい。

これは、横書き文字ツールを利用したやり方です。テキストが入力し終わったら、フォントの種類や大きさ等は、上のメニューで調整できるようになっています。メニューの編集から、自由変形を選び、大きさの調整をしましょう。

それから、この時には文字を回転させることができます。機会があったり、興味がある方は、是非やってみて下さい。Webデザインで挫折しない学習方法を公開している動画も存在するので、こちらも良ければ参考にしてみましょう。

photoshopでロゴを作成するには2

そして、2つ目のポイントは、レイヤースタイルを利用する方法です。これは、レイヤースタイルという機能を使うことで、少ない手順ですぐ文字を加工できるやり方です。利用する場合は、レイヤーウィンドウの下のところにある、レイヤー合うタイルを追加のアイコンをクリックしましょう。

それから、レイヤー効果を選んでみましょう。次に、スタイルの中のチェックボックスから、利用したい効果を選択します。この時、複数選択をすることも可能となっています。そして、OKを押せば、適応されることになります。

これが、レイヤースタイルの使い方です。それから、3つ目のポイントは、作業用パスと選択範囲を利用する方法です。これは、文字の部分を選択範囲として抽出して、自由に加工するというやり方です。テキストを入力したレイヤーを右クリックして、作業用パスを作成を選んでみましょう。

そして、レイヤーウィンドウのパスというタブをクリックして下さい。次に、作業用パスを右クリックし、選択範囲を作成を選んで、OKを押してみましょう。すると、文字の部分が選択されます。レイヤータブに戻って、新規レイヤーを追加し、テキストのレイヤーを非表示にして下さい。

そして、ここからは、ペンツールを使っての方法と画像を使う方法に分かれます。

photoshopでロゴを作成するには3

ペンツールを使う方法では、ツールボックスからブラシツールを選択して下さい。次に、ブラシサイズや種類等を選びましょう。そして、スポンジブラシの投影を選択します。透明度は例えば70%を選ぶことができます。それから、選択範囲内をドラッグし、塗っていきましょう。

ここでポイントなのが、あまり塗り潰してしまい過ぎないようにすることです。すると、スタンプを押したように、少しかすれ気味の文字が出来上がります。

次に、画像を使う方法では、テクスチャ用の画像を別ファイルで開いて、すべて選択を選んでから、コピーをしましょう。文字レイヤーの上に、テクスチャ画像用のレイヤーを加え、最初にコピーした画像のペーストを行います。

背景画像が一時的に隠れますが、それは問題ないので気にせず進みましょう。そして、先程と同じく、作業用パスから選択範囲を作成して下さい。それから、選択範囲を反転を選びます。こうすると、文字以外の部分が選択された形になるでしょう。

メニューの編集から消去を選択すると、文字部分にテクスチャ画像が反映され、これで完成します。

photoshopでロゴを作成するには4

photoshopでロゴの作成を行うなら、オリジナルの文字も作成できるやり方があります。自由にフォントをデザインしたり、文字の変形をする方法があったりすることがあります。文字ツールのバウンディングボックス等、方法は様々です。

ワープテキストを使用しても、文字の並びに歪みを加えたりして、いくらかのアレンジをすることができます。ですが、このやり方だと、元がデフォルトとして用意された文字のデザインそのものの変形をすることが難しいと言われています。

だから、完全のオリジナルのロゴ等のデザインを希望するなら、文字をパスに変換し、それを扱う方法がお勧めされています。

photoshopでロゴのデザインをする手順では、まず、デフォルトとして用意された文字のタイプから、ある程度イメージに近いタイプを選択し、テキストレイヤーに入力することが最初のステップになります。そして、入力した文字をパスに変換してみて下さい。

パスを扱うことで、文字の一部や全体が自由に変形させられるようになります。

どうやって作る?ロゴを作成するときの手順を紹介!

photoshopでロゴを作成するには5

パスを扱うと、文字の太さであったり、文字の形や一部の変形等、気が済むまでデザインすることができます。そして、オリジナルロゴのデザインが良くても、サイズが少し小さい場合には、編集をクリックし、パスの自由変形で文字を大きくすることができます。

パスレイヤーを丸々拡大したり、縮小したり、移動させる場合には、このようなモードにより対処することができると言えます。すると、ロゴサイズのバランスを良くすることができるでしょう。これで、パスを利用してのオリジナルロゴのデザインは完成します。

2色で着色したい場合には、その準備として、パスを2種類に分類することが必要です。作成したパスにカーソルを合わせ、クリックし、パスを複製を選んで複製を行い、それぞれアレンジを加えましょう。

photoshopでロゴを作成するためのまとめ

photoshopでロゴの作成をするには、まず、文字の加工を行える分野があります。photoshopは、機能が豊富で、テキスト入力からロゴの作成まで様々な使い方があります。インターネットでは、説明文を読みながら、作業を行うことを推奨しているページが存在します。

文字の加工を行う場合には、文字の入力と調整が1つポイントとして挙げられます。